釣行
2021.01.19
正丸
沖堤防
青物

シーズン終盤!志布志沖堤防でブリ狙い

釣行日 : 2021年1月16日

 

2021年、1発目の志布志沖堤防の記事になりますが、沖堤防への釣行は2回目になります。

 

 

1回目の釣行は、1月3日に行きました。
が、残念ながら釣果は無く記事にしませんでした。

 

私の釣果は無かったのですが、何故か内向き側で7時ぐらいから小1時間ほど、ブリ・サゴシラッシュがあり、内向き側で釣っている人達は大変楽しそうでした。

 

 1月3日の正丸さんのブログです。

 

 

 

 

昨年からの目標80cmオーバーのブリが釣りたい

3日以降、正丸さんのブログは欠かさずチェックしているのですが、散発的に80cmオーバーのブリが釣れています。

 

ブリを狙えるチャンスも、シーズン的に恐らく今月いっぱいになるかと思いますので、志布志沖堤防へブリ狙いの釣行を決めました。

 

 

 

 

ということで沖堤防2番へ

今週は、先週と比べると比較的気温が高く、本日の最高気温は18℃まで上がります。
寒さは問題ないのですが、この時期は風が強く吹く日が多く、本日も強風の予報が出ていて早めの回収になる可能性があります。

 

時間との闘いもあるので、着くなり直ぐに準備をして、まだ薄暗い6時30分頃からキャストを開始しました。

 

 

本日の潮回りです。

 

 

大潮後の中潮で、満潮は8時49分です。
今の時間帯は、大きく潮が動いているので、悪くない状況です。

 

 

まだ薄暗いので、ジグはアピールカラーの赤金を投げたかったのですが、前回根がかりで失った事を忘れてました。

 

仕方がないので、手持ちで一番明るいジグパラ60gライブベイト金イワシを投げることにしました。

 

 

 



 

 

幸先よくヒット!・・・内向き側で釣ってる人に

開始から30分ほど経過しました。

徐々に明るくなり、辺りも見渡せるようになってきました。

 

周囲の様子を窺っていると、少し離れた場所にいる、内向き側で釣っている人のロッドが曲がっていました。

何が釣れたのか?シャクリながら観察していると、取り込みに手こずっているようです。

 

どうも、持ってきたタモが短くて届かないようで、連れの人が私のタモを貸してくれないかと言ってきました。

 

志布志沖堤防は、堤防が高く8m以上のタモが必要になります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

そうだ!久しぶりに志布志の沖堤防へ行こう

 

私の使っているタモは、9mのタモ柄で、そこそこ値が張ります。

扱い方を間違うと壊れやすい道具なので、私が直接行って取り込みを手伝う事にしました。

 

タモを持って釣っている人の傍へ行くと60cm程のハマチを掛けていました。

 

早速タモを出し、取り込みにかかりますが、他人の取り込みは未だに緊張します。

ジグが網に引っかからないように注意しながら無事に取り込むことができました。

 

 

取り込みを終え、ふと、前回の1月3日、朝マズメの時間に内向き側で爆釣していたのを思い出しました。

 

私のこれまでの志布志沖堤防の釣果は、ほぼ外向き側で上げてきました。
その実績が枷になり、朝マズメの時間帯は内向き側に投げる事はありませんでした。

ただ、それが前回のボウズになってしまった理由の一つで、あまり乗り気ではなかったですが、試しに内向き側に投げてみようと思いました。

 

 

 

 

すると、なんて事でしょう!

内向き側に投げ始めて僅か3投で、ボトム着底から3回ほどジャークしたところでググっとバイトがありました。

 

しっかりとアワセを入れます。

 

バイトはそこまで強くなく、横にも走らず頭を振るような引きです。

根魚か、もしかしたら真鯛かな、なんて淡い期待をしていると横に走り出しました。

 

ただ、変わらず引きは強くないので、サゴシかなと思いましたが、手前まで寄せてくると急激に引きが強くなります。

 

ジージー、ドラグが唸り底へ潜ろうとします。

 

負けずにポンピングで浮かせると、立派な魚体が見えてきました。

 

あとは取り込むだけ、となったのですが、ここで問題が・・・

 

近くに誰もいません。

 

 

これまでは、誰かしら取り込みを手伝ってもらえていたのですが、今回は一人でやるしかないなと腹を括りました。

 

一人のタモ入れで一番困るのは、タモを出した後に潜られることです。

両手は塞がっているので、リールを回すのが困難になります。

 

なので、しばらく浮かせて空気を吸わせて弱らせる事にしました。

 

弱ったことを確認し、タモを出します。ここからは引き返すことはできません。

 

魚をタモの方へ誘導し取り込もうとしますが、魚体が大きく上手くタモに入りません。

さらに、ジグが網に引っかかり大ピンチです。

 

幸いにも、しっかり弱らせることができていたので、暴れることはありません。

タモを下の方へ押込み、魚体を滑り込ませるようにタモへ入れ無事にキャッチできました。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

大きいです!!

 

果たしてサイズは?

 

80cmあるのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

72cmでした。

 

またしても80cmには届かず・・・無念。

 

 

 

その後は、バイトが一回ありましたが掛からず、さらに予報通り風が強くなったため納竿としました。

 

 

 

中々、80cmの壁を超えることができないですが、今シーズンは、ありがたい事に70cmクラスのハマチは5本ほど釣っていて、やり取りも余裕を持てるようになってきました。

少し前であれば、テンパって一人での取り込みは無理だったと思います。

 

今回、70cmクラスのハマチを一人で取り込みできた事に、喜びと自分の成長を感じることができました!

 

 

シーズンも残り僅かとなってきましたが、なんとか80cmのブリを釣りたいと思います。

 

では!

 

 

釣行データ
釣行日
2021年1月16日
時間帯
06:30 〜 10:30
潮汐
中潮
釣果
ハマチ
タックルデータ
ロッド
DAIWA ジグキャスターMX 106MH
リール
DAIWA ブラスト LT6000D-H
PE
1.5号
リーダー
30lb

 

関連記事

2021年念願の初日の出釣行!今年初の魚はあの魚

 明けましておめでとうございます! 2021年も当ブログをよろしくお願いいたしま.....

2020年の釣り納めは、いつもの地磯サンポウで

 こんにちは!本日は久しぶりに地磯へ出撃してきました。 そして、今回の釣行が20.....

完全復活の志布志沖堤防

 お久しぶりです!釣行記事としては2週間ぶりになります。  実は、先週.....

復活の志布志沖堤防

 先週の志布志沖堤防は、イルカやサメ、ウミガメの影響により激渋となっていました。と言うより.....

激渋の志布志沖堤防 イルカの群れが襲来!

 先週の志布志沖堤防は、ナブラ湧きまくりのパラダイスでした。今週も、そのパラダイスを期待し.....

地磯の無念は沖堤で晴らす!志布志沖堤防がやる気満々だった!

 今回は11月27〜11月29日の3日間の釣行をお届けします。最終日の沖堤防が凄かったです!.....

沖堤防での鬱憤は地磯で晴らす(11/21、11/22)

 こんにちは!3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。もちろん私は釣りに行ってました。でき.....

悔しさ残る志布志沖堤防釣行(11/8、11/14をまとめて)

  11月8日の釣行楽しい週末がやってきました。しかし、今週は土日とも悪天候の予.....

久しぶりの地磯へ、ついにあの魚を釣り上げる!

 最近は、海が荒れていたというのもありまして、志布志の沖堤防での釣行が続いていたのですが、.....

結局、本日も志布志沖堤防へ!

 先週は志布志の沖堤防で70cm程のハマチを釣り上げることができました。今週は行くべきか悩.....