釣行
2020.10.18
正丸
沖堤防

そうだ!久しぶりに志布志の沖堤防へ行こう

釣行日 : 2020年10月17日

釣りもハイシーズンに突入し、毎日釣りに行きたい衝動に駆られています。

最近は、地磯ばかりだったのでたまには別の場所へ行こうと思い、今年の1月以来となる志布志の沖堤防へ行くことにしました。

 

 

志布志沖堤防とは

 

志布志湾に設置された防波堤で、中防波堤、沖防波堤と2つの防波堤があり、中防波堤は1番〜3番まで、沖防波堤は2番〜8番まであります。

 

魚種は豊富で足場も良く、海が荒れて磯などでの釣りが難しい時でも、ここでは問題なく釣りを行えることがあります。

 

私の印象では、8月頃〜11月頃まではヤズ、ネイゴ、サゴシ等の青物の数釣りが楽しめ、12月〜1月頃までは数は減るものの大型のブリが狙えます。
また、年間を通して太刀魚が良く釣れているように感じます。

 

場所によっては非常に高さがあり、8m以上のタモが必要になります。

私は、9mのタモを使っているのですが、干潮時は9mでも結構ギリギリです。

 

 

中防波堤

 

外海側はテトラポットが設置されているため内海向きでの釣りになります。

餌釣りの方が多く、ルアー釣りをされている方は少ないです。

それでも、丸で囲った部分が外海側に投げれるポイントになり、1番ではルアーでシーバスを狙っている方をたまに見かけます。

また、堤防の高さも比較的低いため6m〜7mのタモでも充分届きます。

 

9mのタモを持っていなかった頃は、3番の丸で囲った部分でルアーを投げていました。

ただ、投げられる場所は限られているので、人が多い場合は内海側にしか投げられない事もあります。

 

 

沖防波堤

 

丸で囲った部分が外海に投げれるポイントになります。

ルアー釣りが目的の方は、殆どが2番の丸で囲った部分で投げます。

 

5番の丸の囲った部分でも投げれますが、幅が1m程の足場に立って投げることになるので、はっきり言って怖いです。

また、テトラポットが途切れている部分も限られているので、ルアー釣りが目的の方は2番での釣りをお勧めします。

ただ、2番〜5番までは、海面から高さがあるので8m以上のタモが必要になります。

 

6番〜8番までは、内海側での釣りになり餌釣りの方が多いです。

堤防も低く6m〜7mのタモで充分届きます。

 

過去に、6番〜8番でルアー釣りをしたことがあるのですが、根掛りが多くあまりルアー釣りには向かないなと思いました。

 

 

沖堤までの渡し船

渡し船は正丸さんを利用しています。(こちらはブログ)
釣行前日に予約の電話を入れ以下を伝えます。

  • 朝釣りか夜釣りか
  • 降りる堤防の番号(殆どの方は、中防波堤1番、3番 沖防波堤2番、5番、7番、8番で降りています)
  • 人数
  • 希望の帰りの時間

料金は、中防波堤と沖防波堤の2番は1500円です。
沖防波堤の5番以降は、最近行ってないので分かりません。

 

出船時間は、時期やその日の予約人数によって変わります。

 

 

いざ志布志へ

出船は6時とのことで、宮崎市から志布志までは、夜中から朝方であれば約1時間30分ほどで着きます。
4時に出発し、5時30分に乗船場所へ到着しました。

 

車からの荷下ろし、受付、船への積み込み等がありますので、出船の30分前には到着しているのが望ましいです。

 

この日は、沖防波堤2番に予約を入れました。
予定通り6時に出船し、沖防波堤2番で降ろしてもらいました。

 

が、降りて呆然としました。

 

釣り場には既に沢山の人がいるではありませんか。。。

後から聞いた話で、1番船は5時30分出船だったようで、私の乗った6時出船の船は2番船だったようです。

 

堤防の先端向かって右側は、既に人で埋め尽くされており、入れるスペースはありませんでした。

 

 

 

 

仕方がないので、堤防の先端向かって左側の中防波堤の方に向かって投げる事にしました。

 

 

写真右奥に見えるのが中防波堤です。

 

 

幸先よく太刀魚が釣れる

まだ薄暗い中、キャストを繰り返していると、ボトム付近でググっと軽いバイトがありました。
すかさずアワセを入れ、掛かったことを確認しましたが、あまり引きません。

 

上がってきたのは、指3本程の太刀魚でした。
その後、直ぐに同じサイズの太刀魚が釣れましたが、2匹とも写真を撮り忘れてしまいました。

 

徐々に明るくなるにつれて反対側(堤防の先端向かって右側)が賑やかになってきました。
竿を振りながら観察していると、至る所でヤズやネイゴの釣果が確認できるではありませんか。
この日は、結構な数が釣れていたと思います。

 

一方、私が投げている方では、見ていた限りでは左隣の方がサゴシを釣っていたのと、餌釣りの方が根魚を釣っていたのを確認できたぐらいで、ほぼ沈黙していました。

 

その後、そこそこの引きの魚を掛けたものの、最終的にはバラしてしまい回収の時間となったので納竿としました。

 

場所によってだいぶ釣果が変わってしまった訳ですが、正直、反対側の人達を見ながら釣りをするのは、かなり歯痒かったです。
消化不良なので、来週リベンジに行きたいと思います。

 

 

釣行データ
釣行日
2020年10月17日
時間帯
06:00 〜 11:00
潮汐
大潮
釣果
タチウオ
×
2
タックルデータ
ロッド
メジャークラフト クロステージ CRX-962LSJ
リール
DAIWA セオリー 3012H
PE
1号
リーダー
20lb

関連記事

シーズン終盤!志布志沖堤防でブリ狙い

 2021年、1発目の志布志沖堤防の記事になりますが、沖堤防への釣行は2回目になります。.....

完全復活の志布志沖堤防

 お久しぶりです!釣行記事としては2週間ぶりになります。  実は、先週.....

復活の志布志沖堤防

 先週の志布志沖堤防は、イルカやサメ、ウミガメの影響により激渋となっていました。と言うより.....

激渋の志布志沖堤防 イルカの群れが襲来!

 先週の志布志沖堤防は、ナブラ湧きまくりのパラダイスでした。今週も、そのパラダイスを期待し.....

地磯の無念は沖堤で晴らす!志布志沖堤防がやる気満々だった!

 今回は11月27〜11月29日の3日間の釣行をお届けします。最終日の沖堤防が凄かったです!.....

沖堤防での鬱憤は地磯で晴らす(11/21、11/22)

 こんにちは!3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。もちろん私は釣りに行ってました。でき.....

悔しさ残る志布志沖堤防釣行(11/8、11/14をまとめて)

  11月8日の釣行楽しい週末がやってきました。しかし、今週は土日とも悪天候の予.....

結局、本日も志布志沖堤防へ!

 先週は志布志の沖堤防で70cm程のハマチを釣り上げることができました。今週は行くべきか悩.....

先週のリベンジ!志布志沖堤防へ

 先週は、久しぶりの志布志沖堤防へ行くも、投げていた場所が悪く太刀魚が2匹という結果に終わ.....